So-net無料ブログ作成
検索選択
2006年の書評 ブログトップ
前の10件 | -

クライマーズ・ハイ(横山秀夫) [2006年の書評]


2006/8/10

読みました。日航機墜落事故、、、御巣鷹山の話です。
もうすぐ8月12日ですね。
群馬県にいるとこの事件を身近に感じます。
御巣鷹山の上野村は群馬県の南西端の村です。

結構主人公が軟弱な決断をするのが歯がゆいですが、
いい本だと思います。

評価:★★★★☆


日航機墜落事故といえば「沈まぬ太陽」
http://blog.so-net.ne.jp/urashima/2005-08-13-1
これはフィクションであろうとノンフィクションであろうと、
感動モノです。是非。
山崎作品は他も感動モノが多いですね。

ちなみに浦島はこの事件のこともありANA派です。
JALはとにかく避けるように飛行機を選びます。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

心をリセットしたいときに読む本(斎藤茂太) [2006年の書評]

2006/10/1

今日は公害防止大気1種の試験日でした。
場所は吉祥寺の成蹊大学。安部首相の母校です。
小学校から大学までいってたんだって。
校門前に書いてました。

出来はあんまり。今年から新しい試験体系になったせいか、
全く知らない問題が出てきたりしました。
また来年再受験だな~。
まーエネ管を8月に受験終了してから勉強し出したので
絶対的な勉強量が足りないのもあるのですが。

そこでという訳でもないのですが
「心をリセットしたいときに読む本」。 モタさんの本です。

評価:★★★☆☆
浦島は無意識ながらストレスをうまく回避しているのだな~と
認識してしまいました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

風林火山(井上靖) [2006年の書評]

2006/10/6

今日は東京へ出張に行きました。
ドイツ人と日常会話しましたが英語の不出来を痛感しました。
またビジネス英会話再開しよ。

帰りの新幹線で本を読みました。井上靖の風林火山


ちょっと話を端折りすぎ?武田信玄の動向をもっと知りたい人にはちと不満。
評価:★★★☆☆

来年大河ドラマ化するそうです。
http://www.nhk.or.jp/drama/html_news_fuurin.html


明日でお客さんが帰るので今日は温泉に行きました。
http://kuchikomi.nifty.com/onsen/cs/catalog/th_255/catalog_0605105686_1.htm


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

1リットルの涙(木藤亜也) [2006年の書評]

2006/10/21

親類の葬式で伊勢への行きしなに読みました。

結構泣ける本です。
名古屋周辺で読んだのですごく近い気がしました。
評価:★★★★☆

帰りは名古屋でしら河のひつまぶしを買いました。
http://www.hitsumabushi.jp/osinagaki.htm
帰りはコーチングの本をもう一冊を読みました。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

手紙(東野圭吾) [2006年の書評]

2006/10/25

今日は川崎へ出張だったのでまた一冊読みました。
東野圭吾さんの本は初めて読みます。

映画化もされるそうです(されたのかな?)。

 

強盗殺人犯の弟の物語。
ポイントで出て来る社長さんとレノンの「イマジン」が
とてもいい感じです。これもいろいろ考えさせられる本でした。

評価:★★★★☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

マエストロ(篠田節子) [2006年の書評]

2006/11/3

今週も東京出張がありましたので、本をまた読みました。

主人公がばよりん弾きなので結構面白いです。

ばよりん弾きには読んでほしい作品。
「サスペンス」と書かれていましたが、
あんまりサスペンスでは無さそうな?

篠田節子さんのクラシックの本はどれもそこそこ面白いですね。

評価:★★★☆☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

出口のない海(横山秀夫) [2006年の書評]

2006/11/28

武蔵小杉へ出張だったので電車でまた一冊読みました。
映画化されていたんですね。

人間魚雷「回天」に乗り込む人の本です。
ラヴェルのボレロをオルガンで聴くところで
ホロッときました。

横山秀夫さんの本は良いですね。
もう一冊買ってしまいました。

評価:★★★★☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

真相(横山秀夫) [2006年の書評]

2006/12/7

和歌山への電車でまた一冊読みました。 引き続き横山秀夫の本で今度は短編集。 それぞれにオチがきちんとついていて面白いです。 が、内容が暗い話が多いのでちょっと難あり。

個人的には、選挙に出馬した男の絶対に当選しなければならない理由「18番ホール」が一番良かったです。

 評価:★★★★☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ダヴィンチコード [2006年の書評]

昨日、「お客さんと一緒にどこかに出かけるのかな~」と思っていたら、
どーもそういう気配がないので、結局子供と近所の公園で野球ごっこ。

帰ってくると、皆さん一斉にお昼寝されましたので、
一気に上中下巻を読みました。
ベストセラーになるだけあって、真偽の程はともかく、面白いと思います。
Product image for ASIN: 4042955045Product image for ASIN: 4042955053

評価:★★★★☆

主演はトムハンクスなんですか。ハリソンフォードかという印象でしたが。

キリスト教はよく知らないのですが、ダヴィンチの絵の秘密や、陰謀説などなど
過去に読んだ本の記憶がいろいろ蘇りました。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

流れゆく雲 [2006年の書評]

107巻が出たので買いました。「風のゆくえ」みたいな感じですね。
しかし、いつになったら終了するんでしょう?
評価:★★★☆☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 2006年の書評 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。